Laravel+TDDの基礎を学ぶ

はじめに

PHPでWebシステムを開発する際に、Laravelというフレームワークを使う機会が増えてきた。 とてもよくできたフレームワークで、開発の効率もよく、テストコードも書きやすい。

近年はテストコードを書くことを当然のように求められており、このようなフレームワークを活用できるかどうかが、 開発における鍵となっているように思う。

さらに、単にテストコードを書くのではなく、"TDD (Test-driven Development)"の手法によってテストコードを書き、 プロダクトコードを書いていく、ということも求められるようになってきた。

とはいえ、私自身の見える範囲ではまだまだ十分にTDDは取り入れられていない。 そもそも、Laravelの開発の流れをうまく掴めない人たちも多く見受けられる。

Laravelのドキュメントは良くまとまってはいるが、一方で「アーキテクチャ」を知っていることが前提の表現も多く、 直近のバージョンではオフィシャルでのチュートリアルが存在していない。 こういった点も、「まったくの初心者」がつまずき易い点となっているように感じる。

そこで、そういった点の補足をしつつ、Laravelのテストコードの書きやすさを十分に活かすために TDDの手法を交えたドキュメントがあると、多くの人にとって受け入れてもらえるものになるのではないか、と考えた。 (少なくとも、私が個別に話をして回るよりも格段に効率が良くなるはずである。)

このドキュメントを通じて、TDDの手法・考え方を軸にLaravelでWebシステム("タスク管理システム")を開発する、 という実践的な流れを学べるようにしたいと思う。 そのために、全体を通して筆者と一緒にコーディングを体験していく、、、となるように書いていくつもりだ。

これを読む方々は、ぜひドキュメントに沿って一緒にコーディングし、テストの書き方、結果、を含めて体験してもらいたい。 Laravelの基本ととともに、TDDの感覚を体感してもらえれば、、、と願っている。

目次

Last Updated (JST): 8/17/2018, 8:54:28 AM